国連気候変動会議(COP26)では、プラントベースの食品を提供するよう署名が集まる

気候変動会議にヴィーガンケータリング業者の雇用を促すオンライン請願書の署名が集まる


Quoted from ”Plant Based News"


この記事は1分で読めます。

2021年の国連気候変動会議(以下COP26)にて、プラントベースの食品のみを提供し、ヴィーガンケータリング業者を雇用するよう促すオンライン請願書の署名が集まりました。

'国連気候変動会議(COP26)'

署名を集めた方は「残念なことに前回のCOP26では、プラントベースの食品はほとんど提供されていませんでした。COP26は、イギリス政府が世界で最もヴィーガンに優しい都市の1つであるグラスゴーで、世界に模範を示すことができる機会です」と言及しました。

また「EUでは、肉や乳製品、卵の消費量を半減させることで、アンモニア排出量を40%削減し、非CO2 GHG排出量を25〜40%削減することができます。COP26サミットでは、パリ協定の目標達成に向けた行動を前進させるため、締約国が集まり、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)によって設定された目標を共有しています。これには、産業革命以前のレベルと比較して、地球温暖化を摂氏1.5度に制限することが含まれます」ともコメントしています。

'気候変動に対する大きな目標 '

サミットに先立ち、イギリスのボリス・ジョンソン首相は気候変動と戦うために、今後10年間で温室効果ガスの排出量を3分の2以上削減することを誓いました。

首相はこの大きな目標について、「イギリスにおいて2050年までに温室効果ガスの排出量ゼロにする通過点である」と述べており、「2021年は気候変動との戦いにおいて非常に重要な年になります。気候変動への対策は、規模が大きく難題ではありますが、達成可能な目標を設定する必要があります。またイギリスだけではなく全世界が気候変動に関心を持つ必要があり、イギリスがCOP26を通して世界を先導できることを誇りに思います。」とツイッターでコメントしました。