ドイツがオスのヒヨコ大量殺処分禁止へ!


受精卵で性別がわかる技術が登場!
ドイツではオスヒヨコの殺処分問題解決に向けて、法整備が進んでいます。

Germany to ban culling of male chicks

Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

昨年、ドイツではオスヒヨコの大量殺処分を禁止する法律案を提出されていました。そして動物福祉法の一部として、2022年1月1日に施行されました。

ナンセンスな殺処分を回避

動物擁護団体であるヒューマン・ソサエティー・インターナショナル・ドイツは、この法律の施行を歓迎しています。担当者は「無意味な殺処分を避けるための、正しい方向への大きな歓迎すべき一歩となる」と、プラント・ベース・ニュースへの声明の中で述べています。

卵産業では、痛みを感じることができるオスのヒヨコが、生後1日目に巨大な粉砕機にゴミのように捨てられており、この醜い行為があまりにも長い間、影に隠されてきました。

担当者はさらに「これは単にオスのヒヨコの苦しみという点だけでなく、畜産業の多くの非効率性を浮き彫りにするという点でも、大きな道徳的問題であります。新しく制定されたこの法律は、一般的な農業のやり方を変えることで、動物の苦しみを減らすことができることを示す素晴らしい例です。人々がよりプラントベース食品を食べるようにし、卵を減らし、あるいはそれに置き換えるということができれば、さらに素晴らしいと思います。」と述べています。

ガーディアン誌によるとユリア・クロックナー(Julia Klöckner)農相は、この動きを 「動物福祉のための重要な前進 」と位置づけており、「我々は代替品に数百万ユーロを投資し、ドイツの地で動物福祉と経済効率化を同時に実行していきます」とコメントしています。