欧州議会でケージ飼育禁止に140万人超の署名

EUの保健委員会は、動物福祉の向上は「倫理的、社会的、経済的に必須である」と述べています。

chickens in caged farmingQuoted from “Plant Based News”

この記事は1分で読むことができます。

欧州議会では、家畜や家禽のケージ内飼育を禁止することに賛成しました。
投票では558名の議員が賛成、37名が反対、85名が棄権票を投じました。委員会は現在欧州委員会に対し、2027年までにケージ内飼育を廃止するよう求めています。

倫理的な必須事項

EUの動物福祉基準では、この論争の的となっている養鶏でのバタリーケージの使用について、すでに一定の制限が設けられています。しかし、一部の国ではバタリーケージの使用が認められています。また欧州委員会は、フォアグラ生産のためのアヒルやガチョウへの強制給餌の禁止を提案するよう求められている。EU保健委員会のステラ・キリアキデス(Stella Kyriakides)さんは、ロイター通信によるとこのように述べています。

「動物福祉の向上は、倫理的、社会的、経済的にも必須です」 

ケージ内飼育

動物福祉団体『Compassion In World Farming』が長年に渡り行ってきた活動「End The Cage Age」の嘆願書には、140万もの署名が集まっています。

彼らはこの活動について「飼育されている動物のために、これほど多くの人々が立ち上がったことはありませんでした。鶏は羽根を伸ばし、親豚は子豚を自由に育て、ウサギは飛び跳ねる。動物たちは以前より、それぞれがより良い人生を送れるようになったと思います。」と話しています。