グッチがヴィーガンスニーカーを発売!

ラグジュアリーファッションブランドのGUCCIは2年間の研究を経て、ヴィーガン商品を発売しました。

Gucci vegan sneakers

Quoted from “Plant Based News”

この記事は2分で読むことができます。

 グッチ(Gucci)は、木材パルプが使用されたブランド初のヴィーガンスニーカーを発売しました。同ブランドは、ヴィーガン素材の研究に約2年を費やしました。

グッチのヴィーガンスニーカー 

 この新しいコレクションは、グッチを代表する人気モデル「ライトン」のクルエルティフリー素材シリーズを含む全3種類です。

値段は702〜940ドル(約8万円から10万円)で、イタリアにあるグッチの自社工場で製造されています。また、この新商品すべてにデメトラ(Demetra)という新素材のフェイクレザーが80%使用されています。さらにオーガニックコットンやリサイクルスチール、リサイクルポリエステルも代替素材として使われています。

GucciのCEOであるマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)氏はこの商品について以下のように述べています。

「100周年を迎える今年、デメトラはグッチの品質と美的基準、そして革新への意欲を凝縮した新しいカテゴリーの素材です。伝統的なスキルとノウハウを活用し、進化する未来のために創造しています。デメトラは拡張性の高い代替の選択肢を広げ、非動物由来のソリューションへのニーズにも応えるよりサステナブルな素材です。

エキゾチックスキン

 クルエルティフリー素材の開発の一方で、グッチへエキゾチックスキンの使用排除の圧力が掛かっています。

アリゲーターやクロコダイルの皮製品を使用したコレクションの廃止を求めるオンライン署名活動では、およそ6万8千人の署名が集まりました。この署名活動を主催したヴィーガンチャリティ「PETA」(動物の倫理的扱いを求める人々の会)は、ファッションの為の動物飼育は「次なるパンデミックを引き起こす可能性がある」と話しています。

彼らはこう語っています。

「皮を剥ぐために養殖されているワニやクロコダイルの多くは非常に不衛生な環境下で、腐敗した水の入った檻の中でお互いに重なり合うような状態で飼育されています。」

「これは動物から人間に感染する病原体にとって、深刻な病気につながる繁殖地となる可能性があります。サルモネラやビブリオ、アエロモナス、シュードモナス、大腸菌、トリキネラ、西ナイルウイルスなど、これらすべての病原体をワニは保有しており、人間へ感染を広げる可能性があることが分かっています。」