代替タンパク質への投資が2020年に過去最高の31億ドルに達しました

代替タンパク質への投資は、2020年に記録的な31億ドルに急増し、2019年に投資された資本を3倍上回りました。 

クレジット ビヨンド・ミート

Quoted from ”Plant Based News"

この記事は2分で読めます。


投資家コミュニティは、食品システムを根本から作り直すために、食品技術の大きな社会的かつ経済的な可能性を見出しています。それに対しグッドフード研究所(GFI)はデータを発表し「気候に優しい投資に対する意欲の高まりを示している」と述べています。

'代替タンパク質への投資'

2020年には培養肉企業は3億6,000万ドル以上の投資を受け、2019年の6倍の投資を受けています。さらに発酵企業は「代替タンパク質に専念」し、2020年に5億9000万ドルの投資を受けました。これは2019年の2倍以上の金額です。

'私たちの食品システムを根本的に作り直す'

「インポッシブル・フーズ、ビヨンド・ミート、メンフィス・ミート、モサ・ミートなどのトレンドセッターは引き続き好調。また食品の持続可能性とグローバルヘルスにプラスの影響を与えながら、代替タンパク質が市場で成功する可能性を見いだす起業家が増えています。

'代替タンパク質への大規模なシフト'

GFIのコーポレート・エンゲージメント担当ディレクター キャロライン・ブッシュネルは、2020年を「代替タンパク質のブレイクアウト・イヤー」と表現しています。代替タンパク質への大規模なシフトは、食料生産の環境への影響を緩和し、パリ協定を満たし、増加する世界人口にサステナブルに供給するため重要な役割を果たします。