世界初!サステナブルな”昆布バーガー”がベールを脱ぐ

プラントベースなタンパク質の需要が高まるなか、養殖でつくる海藻が持続可能な解決方法に!

Quoted from "Plant Based News"

この記事は2分で読むことができます。

プラントベースフードの会社、”AKUA”はサステナブルな材料でつくられた世界初の昆布バーガーを売り出しました。この新しいハンバーガーは、可能な限り地球にやさしいものでつくられています。

AKUAの昆布バーガー

このハンバーガーは、100%ヴィーガンであるだけでなく大豆やグルテン、遺伝子組換え食品が使われていません。クレミニマッシュルームやえんどう豆から採れるピープロテイン、黒豆やキヌアなど様々な種類のスーパーフードが原材料に使われています。

さらにこの製品にはビタミンA・ビタミンB6・ビタミンK・亜鉛・カリウムや鉄分が含まれているなど、栄養面でのメリットも多岐にわたります。

このハンバーガーをつくるインスピレーションの一部は、プラントベースなたんぱく質の需要の高まりから得られたものでした。こうしてAKUAはわたしたちにも『持続可能な解決法』の創造を問いかけています。化学肥料や餌、新鮮な水を用いることのない海洋養殖でつくられた海藻こそがその答えだとAKUAは考えています。

 

サステナブルな海藻

そのハンバーガーは人の体に良いとされているだけではなく、海にもメリットをもたらすとAKUAは言います。海藻はさまざまな海洋生物の居場所になったり、外敵から身を守るシェルターになったりと海の中で重要な役割を担っているのです。

さらに海藻は炭素や窒素を吸収することもできるため、海の健康を取り戻すこともできるのです。

共同創設者兼CEOのコートニー・ボイド・マイヤーズ(Courtney Boyd Myers)は、この昆布バーガーの環境的配慮や健康面へのメリットだけでなく、その『おいしさ』をより多くの人に届けたいと考えています。

さらにボイド・マイヤーズは「自分体の為だけでなく地球の為、そしてアメリカの養殖漁業のために食べるこの昆布バーガーは、市場で新しい道を切り開き活躍をするでしょう。私たちはかつての代替肉バーガーやものたりないベジバーガーを越えた、おいしいハンバーガーを皆さんが食べるのを心待ちにしています。」

 

プラントベースバーガー市場

近年、たくさんのプラントベースバーガーが市場で発売されているなかAKUAが注目を浴び続けているのは、AKUAのハンバーガーには飽和脂肪分が入っていないということと、低糖質・低ナトリウムが理由となっています。

この昆布バーガーはロサンゼルスのHoneybee BurgerやモントレーのHULA’s、ポートランドのCentral Provisionsで近日発売の予定です。

さらに、AKUAのウェブサイトでも12パック$48.99でオンライン販売します。