オーストラリアの最大スーパーマーケットチェーンが新しいヴィーガンミートとチーズを発売

Woolworthsはサティチキンの串焼き、ポークリブなど6つの新しいヴィーガンフードオプションを導入しました

Quoted from “Plant Based News”

 

この記事は2分で読めます。

オーストラリアの最大スーパーマーケットチェーン、Woolworths (ウールワース) は現在、6種類のヴィーガン新商品を発売しています。

これらの新商品は、オーストラリアのブランド Made With Plants (メード・ウィズ・プラント) PlantAsia (プラント・アジア)から発売されました。

Made With Plants は乳製品を含まないパルメザンとシュレッダーチェダーチーズを導入しました。また同社は大手企業の同様のソースをモデルにしたと言われるヴィーガンチーズバーガーソースも発表しました。

PlantAsia の新商品には、ジューシーなヴィーガン・テンダー・ビーフ、プラントベース・サティチキン串、プラムソースを添えたヴィーガン・ポークリブなどがあります。

ヴィーガン・ミート

Made With Plants PlantAsiaの親会社であるCale and Daughtersの共同創設者、Cale Drouin氏は PBNへの声明の中で、「プラントベースミートは未だかつてこれほど魅力的な価値を提示したことはない。」と述べています。

またこれらの製品は、従来の肉のような匂い、調理法、味わいが体験できると付け加えました。

「これらの製品の口当たりは非常に説得力があります。それは、この分野に対するイノベーションと関心の高まりの影響と言えるでしょう。」

フレキシタリアン

新製品はヴィーガンのためだけに作られているわけではありません。Flexitarians (フレキシタリアン  主にプラントベース食品を食べるが、時々肉や乳製品を消費する人々のために造られた用語)は、ヴィーガンフードにおける国のブームの主な推進力である、とDrouin氏は付け加えました。

「当社のビジネスの長期的な成功を確保するためには、中心的なヴィーガン市場の更に先を見据える必要があります。実際、フレキシタリアンはオーストラリアのヴィーガン指向の未来を担っています。そして私たちのゴールは、美味しくて手の届きやすいオーストラリアの幅広い消費者に対応できるヴィーガンフードを作ることです。

人々が、毎週の食事のわずか一部に私たちのプラントベース製品を取り入れた場合でも、それは消費者行動の変化における重要な勝利であると私たちは見ています。」

2019年に Deloitte Access Economics が実施した消費者調査によると、約42%のオーストラリア人が肉の摂取量を控えており、一部は肉を完全に経っていることがわかりました。

新しいヴィーガン製品は現在Woolworths 1000店舗のほとんどで入手可能です。