KFCがクォーン・ヴィーガン・チキン・バケットをヨーロッパで販売開始!

ヴィーガンバーガーの発売成功に続き、KFCとQuornはヴィーガンチキンの新シリーズ開発に取り組んでいます。

KFC's Vegan Burger

Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

2020年にKFCは、マイコプロテインを使ったミートレス製品を製造するクォーン(Quorn)社と提携を結びました。2社のパートナーシップ製品は多くのフォロワーを生み出しており、今回新しいヴィーガンチキンバーガーの発売を発表しました。今後はイギリスやヨーロッパなどで、より多くのヴィーガンチキンバーガーを提供する方針です。

今回の新メニューは、Quornのチキンを使わないパティに、ファストフード大手では定番の味付けとなっているハーブとスパイスをブレンドしたものをコーティングしています。

KFCのイノベーション・ディレクターである、アイラ・デュビンスキー(Ira Dubinsky)氏は過去に次のように語っています。「私たちはカーネル・サンダースが誇りに思うようなヴィーガンバーガーを作るために懸命に取り組んできました。KFCの味をそのままに、チキンフリーにしたのです。」

昨年、KFCとQuornのヴィーガンバーガーは発売後すぐにヒットしており、わずか1ヶ月で100万個を売り上げた実績があります。