「ヴィーガンはファストフードの未来」語る一流レストラン経営者たち!

プラントベース食品の需要が急増。大手ファストフード企業もヴィーガンメニューの消費に注目しています。

McDonald's veggie option on a tray

Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

グレッグスやマクドナルド、ピザハット、KFC、ナンドーズ、サブウェイ、バーガーキングは、世界中で最も人気のあるファーストフードチェーンですが、現在これらすべてのチェーン店でヴィーガンメニューが提供されています。

これらのチェーン店ではヴィーガンのビーフバーガーやチキン、ペパロニなどを使用した商品がメインに提供されており、豆のパテを挟んだバーガーなどのメニューは2022年に姿を消すと予想されています。

レストラン経営者の第一人者であるジェームス・ルイス(James Lewis)氏は、ロンドンのバーガーキングのレスタースクエア店のメニューが1ヶ月間100%ヴィーガンメニューとなった際に、人々はヴィーガンメニューを日常に取り入れていくべきだとコメントしており、レストラン界隈でヴィーガンメニューの取り扱いが今後の戦略を練る上でいかに重要であるかを物語っています。

またルイス氏と共にロンドンの2つのヴィーガンレストランを成功させたミシュランの星付きシェフであるアレクシス・ゴーティエ(Alexis Gauthier)氏は、全米のファストフードメニューが完全にヴィーガンになる日が近づいていると考えています。