クモの糸が使い捨てプラの代替品に!

クモの糸が、年内にプラスチックの代替品として使用される予定です。

Vegan Spider Silk Could Replace Single-Use PlasticQuoted from “Plant Based News”

 この記事はx分で読むことができます。

 

ヴィーガンな食生活をするクモの糸は、使い捨てプラスチックに代わる動物や地球にやさしい代替品として使用できることで注目を集めています。プラントベースであるクモの巣は、完全に分解されるためプラスチックによる汚染の防止に役立てることができます。

 クモの糸にインスピレーションを受けプラントベースな製品の製造を考えたのは、ケンブリッジ大学の研究者たちでした。クモは巣をつくるために、タンパク質でできた糸を体から出します。

 クモの糸は大きな力にも耐えることができます。さらに重量比の観点から、クモの糸は鉄よりも強く頑丈なのです。

 研究者たちは強度や伸縮性など、クモの糸の構造特性を再現するために、大豆から採れるタンパク質をつかいました。また、クモの糸は分子結合が弱いため、簡単に分解することができます。

プラスチックの代替品になるこの製品は、家庭用のコンポストなどで完全に分解させることができるのです。

 

プラントベースプラスチック

ケンブリッジ大学のユスフ・ハミード(Yusuf Hamied)化学部に所属する、トーマス・ノールズ博士(Dr. Tuomas Knowles)は、このプロジェクトについて『The Telegraph』誌にこう語っています。

「すべてのタンパク質はポリペプチドで構成されているので、条件を整えればプラントベースなタンパク質をクモの糸のように自己組織化させることができます。」

植物性タンパク質の素材を作る『Xampla』は、これを使用し商品化を目指しています。Xamplaは今年末までに小さめの袋や、カプセルを発売予定。プラスチックフリーの食器用の洗剤タブレットの包装材や洗濯用洗剤カプセルに使用される予定です。

この物質は、液体や化粧水に含まれるマイクロプラスチックの代わりにもなります。さらに、高層ビルの脱出用ロープやネット、パラシュートのコード部分、ヘリコプターの吊り下げ用ハシゴなどにも利用できます。