韓国政府が犬肉取引の禁止を示唆

韓国人の多くは犬肉を食べないというデータがあり、犬肉の禁止に賛成しているとのこと。

Moon Jae-in, president of South Korea, is hinting at banning the controversial dog meat trade across the country. This is with a view to boosting animal welfare systems, in a move welcomed by campaigners.Quoted from “Plant Based News”  

この記事は1分で読むことができます。 

韓国のムン・ジェイン大統領は、問題となっている犬肉の取引を国全体で禁止することを示唆しています。これは動物福祉システムの強化を目的としたもので、運動家たちはこれを歓迎しています。

韓国での動物愛護の高まり

キム・ブギョム首相から動物の権利について説明を受けたジェイン氏は、捨てられた犬の登録制度を義務化することを承諾しました。ロイター通信によるとジェイン氏「犬肉禁止令を出すことを慎重に検討する時が来た」とコメントしています。

大統領が犬肉禁止の可能性を提起したのは今回初めてのことで、韓国内でも多くの人が賛成しているとニュースは伝えています。

動物愛護団体「Humane Society International/Korea」によると、韓国全土の農場では200万頭もの犬が飼育されています。その後感電死させられ、肉屋に売られてスープにされます。

このような状況にもかかわらず彼らが最近行った世論調査によると韓国人の84%が犬を食べない、あるいは食べたくないと答えています。さらに半数以上の人が犬を食べることを法律で禁止することに賛成しています。

韓国で犬肉取引の禁止

犬を殺してスープにするのは、夏の暑い時期に血液を冷やすと信じられているからでした。この信念は主に年配の方が持っているとHSI/Koreaは言います。

しかし最近では多くの犬の屠殺場が閉鎖されています。

ほとんどの韓国人が食べたくない肉を生産するために、彼らにとっては生きた悪夢のようなものです。

キャンペーンマネージャーのキム・ナラさんはこのようにコメントしています。
「2年前、国内最大の犬肉市場が当局によって閉鎖され、80匹の動物が救出されました。ここでは生きた犬を殺し、チルドでの犬肉の販売をしていました。」

ほんの数週間前には珍島にある別の農場が閉鎖され、60頭以上の犬が救出されました。

Moon Jae-in, president of South Korea, is hinting at banning the controversial dog meat trade across the country. This is with a view to boosting animal welfare systems, in a move welcomed by campaigners.