アメリカの若者の60%以上が肉税を支持!

調査参加者の70%は、さらなるプラントベースの製品のイノベーションを促進するための補助金を支持しています。

A person holding up a half eaten burger

Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

Veylinxの新しい調査によると、アメリカ人は肉の摂取量を減らすことを望んでいることが明らかになりました。さらにそれを実現するための値上げや増税も受け入れるとの回答も多く見受けられました。

今回の調査では、肉の消費を減らすための課税についての意見を、3,500人以上のアメリカの消費者にアンケートをとりました。その結果、全体として40%近くの参加者が10%程度の肉を消費した際に発生する税を支持すると回答しました。年代別では、Z世代の60%以上がこの課税に賛成と回答しています。

一方プラントベース製品について、全体の70%以上の参加者がプラントベース製品の価格を下げ、この分野のイノベーションを促進するための政府の補助金を支持しています。また課題としては、味覚の向上が挙げられており、30%近くが価格の低下によって説得されると回答しています。

「ミートレス」「ベジ」「ヴィーガン」「プラントベース」など、代替タンパク製品にまつわるいくつかの用語の中で、「ミートレス」が最も好まれていることも判明しています。