スペンサー・ストライダーはケガをきっかけにプラントベースを継続!

アトランタブレーブスのスペンサー・ストライダーは、3年前からプラントベース中心の生活へシフトし高いパフォーマンスを維持しています。

Spencer Strider pitching on a baseball field

Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

アトランタブレーブスにて活躍中の右腕スペンサー・ストライダーは、プラントベース中心の食生活は自身のサクセスストーリーのひとつだと言います。

100マイルの速球を武器とする23歳は、2019年にトミー・ジョン手術を受け、リハビリと並行しながらプラントベース中心の食生活をスタートしました。またわずか18歳で高血圧と診断されており、血圧への懸念もプラントベース中心の食生活を始める動機となりました。


彼はThe Athletic誌に以下のようにコメントしています。
「私は高血圧で、薬漬けの日々が続いており、それを下げるための他の方法を模索していました。そしてプラントベースの食事を開始し、わずか2週間で血圧が正常になりました。それ以来、何の異常も起きていません。

トミー・ジョン手術の場合、回復に2年かかるケースもあります。彼もまた、手術後のリハビリに11カ月を要しました。「回復のプロセスには多くのことが必要です。しかし、プラントベースの食事を始めてからは順調に回復し、特に問題もない。これからもずっと続けていきたいと思っています。」