Eat Justは1億個の卵に相当するヴィーガンエッグを販売しました

'Just Egg'は米国で「最も急成長している卵ブランド」である...
机の上の'Just Egg'

Quoted from ”Plant Based News"

この記事は1分で読めます。

フードテック企業'Eat Just'は、1億個の鶏卵に相当する数を販売しました。

同社はツイッターで画期的な業績を祝い、自社を「米国で最も急成長している卵ブランド」と名付け、さらに「この出来事はより良いフードシステムを構築するという私たちの使命における私たちの主要な節目でもあります。 みなさんが私たちをここまで導いてくれたことに、とても感謝しています。」とコメントしました。

'食べることは投資である'

先日'Eat Just'はカタール投資庁(以下QIA)が主導する最新の投資ラウンドにて驚異的な額である2億ドルを確保しました。他の投資家にはカタールのsovereign wealth fundCharlesbank Capital PartnersVulcan Capitalが名を連ねます。 

2011年以来6億5000万ドル以上を調達してきたEat Justは、QIAとCharlesbankを取締役会の一員として迎えました。この資金は、EatJustの先駆的な製品の能力開発に使用されます。 また「主要な国際市場」での研究やブランド構築するのにも使われます。

'さらなるサスティナブルなフードシステムを'

Eat Justの共同創設者兼CEOである'Josh Tetrick'はBNに送った声明の中で「投資家と協力し、健康的より安全でサスティナブルなフードシステムを構築できることを大変うれしく思います」と述べています。