イギリス政府の肉食抑制要請に農家が参加!

先進国の人々は肉を食べる量を減らす必要があります。

Farmers back meat consumption curb callsQuoted from “Plant Based News” 

この記事は1分で読むことができます。 

イギリスの農家は政府からの肉の消費量を抑制する呼びかけを支持しています。

健康増進と環境保護を目的とした「国家食糧戦略」では、摂取量を30%削減するという目標が掲げられ大きな話題となっています。現在農業界の有力者たちは、ジョージ・ユースティス(George Eustice)国務長官に報告書の提案を実行するよう要請しています。

農家の参加

食糧農業および農村委員会 (FFCC)の最高経営責任者は公開文書中で、農業従事者の協力とともに、政治家上層部に報告書の推薦を求めました。

「報告書の中には受入れがたいこともありますが、支持するにしっかり値するものです。」

「まずは肉を食べる量を減らすということが必要です。イギリスの畜産農家が、すでに高い福祉と気候変動への影響の軽減に取り組んでいることから、これは非常にデリケートな問題です。しかしその数を目の当たりにしたことのある人なら誰でも知っているように、やはり現実的には先進国の人々は全体的に肉を食べる量を減らす必要があるのです。」

フードシステム改革

環境・食料・農村地域省(DEFRA)の理事であるヘンリー・ディンブルビー(Henry Dimbleby)氏による報告書では、肉の消費を制限することに加え、砂糖と塩への課税を求めています。

FFCCは「安価で高カロリーのジャンクフード」の需要を減らし、代わりに健康的な食材を支持するよう呼びかけています。

これはすでに政府の見解と一致しているようで、例えば2022年末までには「ジャンクフード」を宣伝する広告の禁止が実施されることになっています。

肥満の増加とそれによる国民医療サービス(NHS)への負担を懸念から、「しっかりと把握しましょう」とボリス・ジョンソン首相は表明しました。