イスラエルが480万ドルを気候変動へ立ち向かう児童教育へ

 中東イスラエルは2050年までにカーボンニュートラル実現を目指しています。

children in classroom learningQuoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

イスラエルの環境保護省は、若者を対象とした気候危機対策プログラムに多額の予算を投じることを発表しました。

タイムズ・オブ・イスラエル(Times of Israel)誌によると、イスラエルの環境保護省は1500万スイスフラン(480万ドル)をこのプログラムに投入し、「子供たちに気候危機とそれに立ち向かう必要性の教育を行う」としています。

環境保護省は、青年運動協議会および教育省と共同でこのプログラムを開発しました。

このプログラムには、トレーニングコースやアクティビティが含まれており、サステナビリティ・コーディネーターも任命される予定です。さらにこのプロジェクトは、気候変動対策のための連合体を設立し、若い世代に環境に優しいライフスタイルの変化を促すことも目的としています。

この取り組みは、今年度中に開始される予定です。