イスラエルの企業が3Dプリント代替肉をヨーロッパへ!

Redefine Meat社は人工知能を使ってヴィーガンの肉製品を機械の中で「印刷」しています。

Israel's Redefine Meat is soon coming to The Netherlands, Germany and the UKQuoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

イスラエルのスタートアップ企業リディファイン・ミート(Redefine Meat)社は、来年末までにヨーロッパのいくつかのレストランにて、3Dプリント代替肉の提供を開始する予定です。また同社はドイツ、オランダ、イギリスでの事業拡大を発表しています。

イスラエル企業「リディファイン・ミート」

同社は来年末までにホールカット3Dプリントミートを販売する予定です。

CEOであるエシュシャル・ベン・シトリット(Eshchar Ben-Shitrit)氏は、「私たちは事業を拡大しており、今後の生産量は以前の5倍以上を予想しています。今後は機械や物流など、設備にも投資をしていく予定です。」とコメントしています。

3Dプリントミート

同社は大豆やココナッツ、大麦などのプラントベース食材を3Dプリントしたヴィーガンステーキやハンバーガーで知られています。

これらの商品は「ヴィーガンの人も肉好きの人も味や健康、持続可能性に妥協することなく、素晴らしい肉食体験を楽しむことができる。」と述べられています。

イスラエル国内の150のレストランで展開して以来、今後は世界中のより多くのお客様にお届けしていく予定です。

さらに将来的にはイスラエル国内やヨーロッパ、アジア、アメリカに生産拠点を設けることも検討しています。