プラントベース料理のデリバリー依頼が急増!

今年のクリスマスはイギリス人の5人に1人がベジタリアン、ヴィーガン料理を注文することが予想されています。

Adobe. Do not use without permission.Quoted from “Plant Based News”  

この記事は2分で読むことができます。 

欧州発のフードデリバリーサービス「デリバルー」(deliveroo)は、イギリス人の5人に1人が今年のクリスマスにベジタリアンやヴィーガンの料理を注文することを予想しています。

デリバルーは現在、世界の約800の都市でサービスを展開しており、140,000以上のレストランのメニューを注文することができ、11,000人以上の配達員が配属されています。

中でもプラントベースメニューは、デリバルーのプラットフォームで最も成長しているカテゴリーの一つです。現在14,000以上のヴィーガン専門やヴィーガン対応のレストランのメニューを注文することができます。

プラントベースブーム

彼らは2020年11月の世界ヴィーガン月間以降、完全なプラントベース料理の注文が急増したことを報告しました。ブライトン(Brighton)やブリストル(Bristol)、リーズ(Leeds)では、注文の全体に占めるヴィーガン料理の割合が高まっています。

「ヴィーガン料理の需要が毎年増え続けているのは素晴らしいことです。この主な要因は、レストランや食料品店のメニューにプラントベース料理が豊富に揃っていることです。」とデリバルーのヴィーガンカテゴリーリーダーのエレナ・デイヴィス(Elena Devis)氏は述べています。

さらにデイヴィス氏は以下ように述べています。「ヴィーガン、ベジタリアン、フレキシタリアン、あるいはもっとプラントベース食材を食べたいと思っている方、デリバルーはあなたのプラットフォームに最適です!」

デリバルーアプリで最も人気のある検索語の一つに「ヴィーガン」があがっていることも明らかになりました。またこの1年間でハンバーガーやピザなど、デリバルーで最も売れているカテゴリーの注文の15%にヴィーガンの商品が含まれていました。Deliverooの消費者の3分の1は、ベジタリアン、ペスカタリアン、フレキシタリアン、またはヴィーガンの食事をしていると報告しています。

肉不使用のクリスマスメニュー

 プラントベース食品の市場が拡大する中、今年のクリスマスシーズンにはこれまで以上に多くのイギリス人が伝統的な肉食から脱却することになるでしょう。最近の調査では、19.6%のイギリス人がクリスマスにヴィーガンまたはベジタリアンのディナーを楽しむ予定であることが明らかになりました。

調査回答者の大半(58%)は、過去4年以内にクリスマスにプラントベース食品を食べ始めたとのことです。クリスマスにヴィーガンやベジタリアンの料理を食べる人は、男性(17.8パーセント)よりも女性(21パーセント)の方がわずかに多いようです。

プラントベース食品をとり入れる回答者の主な理由としては、ベジタリアンやヴィーガンへの配慮(55.8%)、健康(31.9%)、多様性(27.1%)、動物福祉(26.5%)が挙げられました。