プラントベースツナがTIME誌が選ぶ2021年のベスト発明に!

ナイキやロレアールなどの大手企業も名を連ねています。

Plant-based tuna wins in the food category of TIME's Best Inventions of 2021Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

クレアナ(Kuleana)社の製品であるプラントベースツナは、TIME誌が選ぶ「TIME 100 The Best Inventions of 2021」に選定されました。

今年は次世代型シーフード企業であるが、食品部門のチャンピオンに輝きました。その他、Adobe(アドビ)やNike(ナイキ)ロレアール(L'Oreal)などのグローバル企業も選定されています。

クレアナ社のプラントベースツナ

同社のプラントベースツナには藻類や大根、芋などが使われています。また東アジアに生息する菌類である麹も使用しています。現在はマグロの赤身を模したシグネチャー商品1種類を提供しています。

TIME誌は、同社がヴィーガンチキンやハンバーガーのように飽和していないプラントベースの分野に進出したことを評価しています。またこの製品には、本物と同等の鉄分やビタミンB12、オメガ脂肪酸の含んでおり、マイクロプラスチックや水銀、高コレステロールを含んでいません。

同社はソーシャルメディアで、このリストに掲載されたことを「光栄」とコメントし、「特権」であると述べています。