ヴィーガンフライドチキンブランドVFCがアメリカへ進出!

ヴィーガニュアリーのマシュー・グローバー氏によって設立されたVFCは正式にアメリカ市場に参入。現在ではアメリカ全州で販売されています。

VFC product range featured around a vegan burger containing VFC chick*n filletQuoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

イギリスで設立されたヴィーガンフライドチキンブランド「VFC」が正式にアメリカ市場に参入しました。ヴィーガン食材店「GTFO イッツ・ヴィーガン」(GTFO It's Vegan)を通じて全米50州で販売されるようになりました。

今回VFCから発売されたのは「チキン・フィレ」("Chick*n Fillets") 、「チキン・バイツ」("Chick*n Bites")、「ポップコーン・チキン」("Popcorn Chick*n")と
食欲をそそる3種のラインナップです。

注目の理由

アメリカでの販売開始はイギリスとアメリカにおいて、VFCがヴィーガン・プロテイン・カテゴリーで短期間のうちに急成長を遂げたことが背景にあります。

アメリカのプラントベース食品市場は、倫理的でサステナブルなミートレス・チキンを求める消費者が増え、急成長しています。市場分析プロバイダーである「スピンズ」(SPINS)の最近のレポートによると、プラントベースの鶏肉市場は約18%の成長を遂げており、動物由来の鶏肉産業は4%の成長率を上回っています。