最もヘルシーなプラントベースのミルクとは?

アーモンドミルクから豆乳、ココナッツミルクまで、様々な種類のプラントベースミルクの中から、どれを選ぶのがあなたの健康にとって最適ですか?

Quoted from ”Plant Based News" 

この記事は2分で読めます。

乳製品の売上が停滞する中、プラントベースミルクの売り上げは増加しています。しかし、プラントベースミルクの中で最も健康的なものはいったいどれでしょうか?

2017年にPMC (PubMed Central) で発表された、「植物性の代替食品は牛乳と比較してどのくらい栄養的に良いのか?」という研究では、アーモンド、ココナッツ、大豆、ライスミルクの4種類の植物性ミルクが評価されました。

ライスミルクやココナッツミルクは栄養素の豊富さが限られているため、理想的な牛乳の代替品にはならないことがわかりました。しかし、これらは大豆やナッツアレルギーの人のための代替品として選択されます。

バランスの取れた栄養素プロファイル

また同研究は、アーモンドミルクは栄養素のバランスが取れているが、栄養密度と総カロリー数は、牛乳ほど豊かでないと述べています。

そのため、アーモンドミルクを摂取している人へ「食事の中で様々な必須栄養素を適切な量で摂取できるように」と警告しています。

大豆は、豊富なタンパク質と脂肪が含まれているだけでなく、主に抗がんタンパク質に関連するイソフラボンを含むなどの健康的なメリットから総合トップとなりました。

研究者らの大豆に対する唯一の批評は、消費者の乳製品離れを促す大きな障害にもなっているその「豆くさい風味」でした。

近年では、大豆の環境への影響について調査されている一方、世界の大豆の80%近くは家畜用としてして栽培されていることは注目に値します。

専門家の推奨するプラントベースミルクとは?

Greger氏は Plant Based Science London の最近のビデオの中で次のように述べています。「私は、最も健康に良い無糖の豆乳を飲むことを勧めます。もちろん牛乳を飲む必要は全くありません。Fruit Loops に入れるとどんなミルクの種類でも関係なくなってしまいますが。」

「しかし、朝食のオート麦にかけるミルクならおそらく、無糖ソイミルクが一番だろう。」