医師が言及する病院食とプラントベースフードの将来!

「健康な社会を作るためには、医学生の栄養学に関する教育を見直すべきである」とグレガー博士は言及しています。

Top doctor calls for more plant-based food in hospitalsQuoted from “Plant Based News”  

この記事は1分で読むことができます。 

医師でありベストセラー作家でもあるマイケル・グレガー(Dr. Michael Greger)博士は、より多くの病院で100%プラントベースの食事メニューが必要であり、医学部でも栄養に関する教育を充実させるべきだと言及しています。

教育と栄養学

一流の医師でありヴィーガンでもある彼は、自身のウェブサイト「NutritionFacts.org」で、最先端の研究に対するアドバイスやフィードバックを行っています。

グレガー博士は、米国医師会が病院でのプラントベース食品の摂取を推奨する決議を行ったことに対して、全世界で1,100万人が死亡している中で食生活の要因があるにもかかわらず、医学部では健康的なライフスタイルに関する教育が不足していることを指摘しています。これについて彼はこのようなコメントを残しています。

「医学部では何千時間もの授業のうち、栄養学の授業は平均19時間しかありません。しかも最も大切なことを教えてもらっていないのです。」

臨床ガイドラインでは、多くの治療が健康的なライフスタイルから始まるとされているため、これは特に憂慮すべきことだとグレガー博士は強調しています。

「栄養学の十分なトレーニングを受けていない臨床家が、どのようにしてこのガイドラインを実践することができるのでしょうか?」と彼は疑問を投げかけました。

病院での栄養補給

グレガー博士によると医学部で教わっているのは「反栄養学」とさえ言えるそうです。というのも医学部に入学した学生は、健康において栄養が果たす役割については卒業時よりも高い評価を得ているのが普通だからである。「彼らは脱教育を受けているのです」と彼は言います。

彼は、米国医師会が病院での健康的な食事を奨励する動きを歓迎しています。

フロリダやマンハッタン、デンバー、タンパなどの病院では、プラントベースの食事を別メニューで提供するところが増えてきています。
特に食事教育では、プラントベースの食事への改善に役立つ情報を共有しています。

「これらの変革の鍵となったのは医師が支持者となり、スタッフや患者様にプラントベース食品を多く摂ることの利点について教育を行ったことでした。そして社会の中で影響力のある医師の立場を『そろそろ』利用するべきだと思います。」