プラントベースミート=新興トレンド!?

健康への意識から若者を中心にプラントベースミートに注目が集まっています。

US plant-based meat marketQuoted from “Plant Based News”  

この記事は1分で読むことができます。 

最新の調査によると、アメリカのプラントベースミートの市場は、6年後には推定27億ドルを上回ることが予想されています。この予想は潜在的な阻害要因や機会も含め、様々な要因に基づいています。

アメリカでは空前のプラントベースミートブーム

プラントベースミート市場の成長や予測、業界動向、タイプ別機会、企業分析』では、プラントベースミート市場が、アメリカの若者の間で「新興トレンド」となっていることが報告されています。

ここではヴィーガンバーガーやソーセージ、パテ、ナゲットなどの製品と「その他」のカテゴリーを推計しています。また豆腐やテンペ、ミコプロテイン、セイタンをベースにした肉の代替品も含まれています。

トレンドとなった要因として、不健康な食生活への懸念が第一に挙げられています。また動物福祉に対する意識の高まりも一因となっています。

爆発的なヴィーガンミートブーム

世界のプラントベースミート市場規模は、これまで以上に拡大していると言われています。例えば『ブルームバーグ』によると、今後10年以内に1620億ドルの規模になると言われており、ビヨンド・ミートやインポッシブル・フーズなどの大手ブランドが市場を先導すると予想されています。