プラントベースミート市場が動物肉を超えるスピードで成長!

 プラントベースミート市場は今後も成長を加速し続けると分析されています。

Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

マーケッツ・アンド・マーケッツ(Markets and Markets)のよる新しい調査によると、プラントベースミート市場は今後数年で、従来の動物性食肉市場を上回るスピードで成長することが予想されました。

2020年の世界のプラントベースミートの市場規模は約43億ドルと推定されています。今回の調査結果では、2025年までに83億ドル規模に急増すると予測しています。これは年間平均成長率(CAGR)15%に相当します。

動物肉を上回る成長率

これは動物性食肉市場成長の観点で考えると、非常に重要な数字です。現在も動物性食肉市場はとても大きな市場であり、成長を続けていますが、成長率はプラントベースミート市場ほど大きく成長はしていません。

あるレポートによると2021〜2025年にかけ、世界の動物性食肉市場の年間平均成長率は3.7%で推移すると予測されており、プラントベースミート市場と比較すると、約10%程度低くなっています。※この予測は過去数年間の各分野の動きにもとづいて算出されています。

また同社は2019〜2020年にかけての植物性・動物性両方の食肉市場の軌跡を調査しており、アメリカのプラントベースミート市場は、2020年に動物性食肉よりも2倍早く成長し、45%も躍進することが明らかになりました。

プラントベースの乳製品は24%、ヴィーガンエッグは168%という驚異的な数値となりました。アメリカのヴィーガン食品市場全体に視野を広げると、27%増加しており、これはアメリカの小売食品市場全体が15%拡大したのに対して、ほぼ2倍の規模です。

同社のレポートでは、プラントベース食品の市場は今後10年以内に1620億ドルを超えると推定されています。