不平等が気候危機を悪化させる!?新たな研究結果

貧富の差は、気候危機への「集団的対応を困難にする」と研究者は言及しています。

Climate protesters holding signs and chanting

Quoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

気候危機に立ち向かうためには、不平等への取り組みが必要であるという新しい研究結果が報告書で述べられました。

セーラム州立大学とユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究者が取り組んだ新しい分析では、貧富の格差は気候危機の克服をより困難にしていると結論付けました。

グリーンニューディール政策が示す通り、政府はより多くの雇用の創出と、社会サービスの改善に焦点を当てるべきだと、研究者らは主張しています。

グリーンニューディール政策とは、温室効果ガスの排出を削減すると同時に、より多くの人々の就労を支援し、貧富の差を解消することを目的とした一連の提案である。