今年発売予定の「アレフ・ファーム」培養肉に注目!

アレフ・ファームは培養肉ステーキを今年中にアメリカで発売予定です。

Cell-cultured steaks could soon debut in the USQuoted from “Plant Based News”   

この記事は1分で読むことができます。 

イスラエルのスタートアップ企業「アレフ・ファームズ」社は、自社製品の培養肉ステーキを早ければ今年中にも、アメリカのスーパーマーケットへ展開する可能性があることを発表しました。

同社CEOは、2022年がこの業界にとっていかに重要な時期になるかを語っています。

培養肉ステーキ

 フード・イングリディエント・ファースト(Food Ingredients First) 誌のインタビューにて、ディディエ・トゥービア(Didier Toubia)氏はアレフ・ファームズの製品について「この培養肉ステーキの発売を実現するべく、規制当局と緊密に連携している」とコメントしています。

アレフ・フーズ

同社は、昨年1億500万ドルという巨額の資金を調達して以来、そのデビューを待ち望まれていました。しかし創業以来、製造強化の為、厳しい道のりを歩んできました。

また製品を店頭に並べる前に、各国の規制当局にて培養肉特有の認可を受けなければならず、欧米でも市場が育っていない状況でした。

ヨーロッパの消費者は、アレフ・フーズの製品を購入する準備が整っているようで、初期の指標では20%の消費者が「ぜひ試してみたい」と答えています。さらにアメリカの事前調査では、66%の消費者が「試してみたい」と回答しています。